陰ヨガ

先日、ここ最近お世話になっているジュノスタイルの先生である美紀さんの「陰ヨガ+薬膳スイーツ」というイベントに参加してきました。

今回のクラスを受けるにあたっての意図は、「無理をしない」こと。陰ヨガでは「心地のよいところで留まる」というガイドをよく耳にします。でも私には、アーサナによってはその「心地のよいところ」という場所がよく分からなくて、最初は心地よくてもホールドが長いとどうしてもキツクなってきてしまう。そうなると自分を追い込むんです。時にはプルプル震えながら、ハ呼吸をしてエネルギーを高めてしまうことも・・・。だからそこを今回は無理しないよう意識してみました。

明確な意図を持って臨む時、やはりいつもと違う感覚に気づきやすい。いくつかのアーサナの中で、何度か強い感覚は起こってきたけど、無理矢理押し込める事を手放し、少し手前に戻り呼吸に意識を向ける。すると息を吐き切る手前で一瞬ふっと緩む感覚に気づく。更にそこを大切にもう一度呼吸を丁寧に味わうと、より緩みスペースが広がり、可能性が広がる。とても新鮮な感覚でした。

日常での自分の凝り固まった在り方に気づき、そこに意識を向ける事で、自分の中の可能性は広がりやすい。自分の中にある未知なる世界への気づき。43年生きてきても、ヨガをしているとまだまだ知らない自分に出会います。陰ヨガはアプローチの仕方は異なるけど、意識の向け方によってはクリパルヨガとも似ていると感じました。

美紀さんの陰ヨガでは、中医学のお話もして下さいます。私はまだ中医学の知識が浅いのですが、とても面白いなと感じます。いつか学びたい。美紀さんの陰ヨガとってもお勧めです。また3回目も参加したいです。今回久美さんが作って下さった薬膳スイーツは、「桃のコンポート ハイビスカスのジュレ添え」。とっても爽やかで美味しかったです。美紀さん、久美さん、ご一緒した皆さんありがとうございました。

薬膳スイーツ

関連記事

  1. 関西YTTを終えて その3

  2. 幸せな時間

  3. 素の自分でいること

  4. 瀬戸*特別クラスのご案内

  5. 意図を持つこと

  6. 「自己探求のためのクリパルヨガとアーユルヴェーダ」を終えて

PAGE TOP