参加者の声 「自己探求のためのクリパルヨガとアーユルヴェーダ」

早くも9月に入りました。
先月のワークショップでは、沢山の方にご参加頂いて本当にありがとうございました。アシスタントにとっても沢山の学びの場となりました。

早速続編を希望される声も頂いており、また是非企画したいと思っています。
クリパルヨガが必要とする方の元に届くよう、小さなところから頑張って行きたいと改めて思っています。
また是非ご参加くださいね。

いくつか、参加者の方からの声をご紹介します。

[hr style=”3″ margin=”0px 0 20px 0″ padding=”0px 0 0px 0″]

・太陽礼拝の途中から、体が温かく感じ、シャバーサナの時には、お日様の日に照らされながら横になっているような感覚になりました。とても心地よかったことが、ハイライトです。 逆に月礼拝の後は、太陽礼拝と同じように体に熱を感じたけれど、からだの内側に感じました。

・太陽礼拝と月礼拝を同時に体験でき良かった。それぞれ終えた後の感覚が違ったことが印象的でした。外に向かうというか、エネルギーが湧き出る感じと、内に向かうというか、エネルギーに包まれる感じ。

・ハイライトは、まきこさんの唱えたマントラです。 実に気持ち良く、ちょっとした感動を覚えました。 普段のヨガレッスンの時に聞いている言葉が、シャンティマントラだったんですね。勿体ない事をしていました。 もっとサンスクリット語の意味を理解し、言霊の波動を真摯に受け取れるようになりたい。 オームを唱える時、これからは感じて、想いをこめて唱えたいと思いました。

・アーユルヴェーダを学ぶ時間は日常での自分を振り返る時間になった。いろいろと気づきやヒントがあって、出来ることを少しずつ取り入れてみたいと思った。

・サークルでの瞑想体験を、丁寧に感じられたこと。太陽礼拝、月礼拝のサイレントデモのエネルギーを肌で感じ、自らの身体に落としこみじっくりとアサナをできたこと。頭を通すのではなく、五感を研ぎ澄ませ集中することができました。まきこ先生の圧倒的な存在感ときさくな雰囲気、場を整えてくださったアシスタントの皆さんのおかげで、ワークショップに没頭することができました。

・完璧を求めなくても良い(自分を許すことが必要)との言葉(メッセージ)を頂き、とても癒やされました。あるがままでいられる状態を肉体的にも精神的にも保つこと。自己受容の大切さを再認識しました。

・最近、体調不良で生活習慣を見直さないといけないと考えていたこともあり、アーユルヴェーダの考え方が、なんとなくすんなり納得できました。

[hr style=”3″ margin=”0px 0 20px 0″ padding=”0px 0 0px 0″]

8.22 78.22 68.22 8.22 5

関連記事

  1. 1月29日.30日 「野見山文宏 ヨガ解剖学 / インナーム…

  2. 3月13日「体感が深まるクリパルヨガ」 ワークショップ開催の…

  3. 集中コース 「ステージ1~3」大阪コース開催のお知らせ

  4. 瞑想のこと

  5. 参加者の声「クリパルヨガのステージ1.2.3から学ぶ」

  6. WS「体感が深まるクリパルヨガ」を終えて

PAGE TOP