ウーマンズヨガワークショップに参加して

8/25(日)、名古屋初開催のウーマンズヨガワークショップ。
実は開催出来るかどうか微妙なところだったが、開催して頂ける事になりホッと一安心。
主宰と言えども、今回は私も生徒として参加させて貰った。

夏の1dayリトリート。
まきこさん、ちえちゃん、大好きな二人が繰り広げるウーマンズヨガの世界。

昨年受けた秋のウーマンズヨガも、二人の間に流れるエネルギーはとても心地よく、安心してその場に居られ、しっかりと体験を深められた事もあり今回も凄く楽しみだった。

夏。

季節そのものを感じてみると、夏というと私はアトピーが悪化する事もあり得意ではない。だいたいいつもアトピーの悪化により、睡眠障害となり心身共に疲労気味となる。

しかしながら、エネルギー的に感じてみると、夏の弾けるようなエネルギッシュなところは大好きだ!

そんな夏のウーマンズヨガ。どんな事をするのかワクワクしていた。

まきこさん、ちえちゃんの挨拶に始まり、あっという間の1日☆
ヨガをしたり、踊ったり、歌ったり・・・。すっごく楽しかった!!踊った時、エアロビクスの感覚を思い出し、身体が凄く喜んで、ジャンプしたり、シャウトを入れたり、大声を出したがっている自分がいた。

そんな1日のハイライト。

それは、季節が巡るように、感情は移りゆくという事。

それを感じたのは女性性に触れた時。前回同じワークをした時、怒り、憎しみ、悲しみ、後悔、焦燥感、不安感、孤独感、罪悪感・・・そんなネガティブな強い感情が次から次へと沸き起こり、涙が溢れて止まらなかった。しかし今回は違った。そこに触れた時、かけがえのないもの、私の身体の大切な一部としてその存在を受け取り、温かさ、愛おしさ、喜び、尊さ・・・そんなハートフルな感情、エネルギーが沸き起こった。

私は、随分長い間、子供を産んでいない事に対し、とても強いコンプレックス、悲しみを抱いていた。私はずっと子供が欲しかった。家族を増やしたかった。子供を育てたかった。でも思うようにならない現実。何度も何度も涙を流し、もがき苦しみ、悲しみを味わった。

夫とも沢山話し合い、時には喧嘩し、時には共に涙を流した。
でもそんな経験を重ねた今、夫との絆は間違いなく深まっている。

苦しかったね、悲しかったね、辛かったね。頑張ったね。
でももういいんだよ。大丈夫だよ。

そんな言葉を自分にかけ、ハグしてあげたくなった。

過去を振り返る時、私は多くの場合、ネガティブな感情が沸き起こり、以前ならそこに巻き込まれ負のスパイラルにはまっていったが、今はそこに巻き込まれず、土台を安定させ目撃する冷静な自分がいた。

女性性に触れた時の今回の体験を通して、私は自分が蓋をしたがっていた感情も、既に充分に味わい尽くしていた事に気付かされた。もし仮に今後また同じような感情が沸き起こったとしても、そこに巻き込まれる事はない。もう大丈夫。寧ろその想いを温かく迎え入れ、寄り添い、優しく抱き締めたいと感じた。

そしてまた、ヨガを義務ではなく、心から楽しみたいと思った。

見たくない感情を見ないようにする為に、考えないようにする為にヨガを選ぶのではなく、楽しみという想いの先にヨガを選びたい。

私はヨガがやっぱり大好きなんだ。それを再確認出来た時間だった。
凄く充実した、今の私にとってとても大切な時間だった。

イエイッ☆☆
ヨガ大好き~!!幸せ~!!!

大声で叫びたい!!

ワクワクするような、弾けるようなエネルギッシュなエネルギー。私の中に確かにあるこのエネルギーを大切にしたい☆

あ~本当に楽しかった!

まきこさん、ちえちゃんありがとうございました。二人が安全な場を提供してくださったからこそ、自分自身で居られました。
そして参加して下さった皆さん本当にありがとうございました!!皆さんのご参加に心から感謝してます☆
あの場を提供して下さった元子さん、ありがとうございました!!

またウーマンズヨガが名古屋に来てくれるよう、今回の気づきを日常に持ち帰り、心からの喜び、楽しみと繋がりながら私はこれからもクリパルヨガを伝えていきたいと思います!!

Jai !!

まきこさん&ちえちゃん
素敵な2人☆名古屋に来てくれてありがとうございました!
まきこ&ちえ
2013082714400399fs

オープンサンドの具
手作りだったり、缶詰だったり、バラエティー豊富で、どれも美味しかった☆
2013082714400504as

関連記事

  1. 1月16日 アーユルヴェーダ的 冬の1日の過ごし方

  2. 『クリパルヨガ ステージ2 ~ホールティングへの扉~』 ワー…

  3. 「ヨガで自分のポーズをみつけよう!」 参加者の皆さんの声

  4. 名古屋初開催! 『ウーマンズヨガ ~夏の1dayリトリート~…

  5. 「Soul Motion」ワークショップでの気づき

  6. 京都開催ステージ アシスタントに入って

PAGE TOP