リトリート

3連休、大好きな友に逢いに行った。
毎日、コロナ感染者数が増えていく中で、迷う自分や不安に感じている自分もいた。

「本当はどうしたい?」と問いかける。
「逢いに行きたい」という想いと繋がる。

そんなことを繰り返しながら行くことを決めた。そうなると迷いはなくなり、感染予防対策をしながら待ち合わせ場所に向かった。

駅に着き、待ち合わせしていた友に逢って感じたのは、胸いっぱいの嬉しさや安堵感。ニコニコが止まらない。

そこから最終目的地、和歌山に向かい、駅まで迎えに来てくれた友を見て、更に喜びでいっぱいになった。「来てよかった!」という想いしかなかった。

翌日、素敵なところに連れていってもらいゆっくりと過ごす。
どんなことを話していても楽しいし、特に会話のないサイレンスの時間さえもとても心地よい。

日常から離れて、自然を感じながら、美味しいものをゆっくりと丁寧に頂く。
何かを話そうと会話を探す必要もなく、想いのままに。

ふと気づけば笑い声が響くような、風通しの良いエネルギーの中で過ごした時間。
その瞬間ごとを大切に、ゆったりと過ごす自分のためのリトリート。そんな時間だったように思う。

そして、素敵な空間で、その場に集う人たちとキールタンを歌った。

最初は戸惑ったけど、終わる頃には開放された感じがあり、流れに委ねることの大切さを受け取った。偶然であり必然であったようなひと時。

日々の暮らしの中で、ここ最近スムーズに流れていない感覚があり、少し頭がいっぱいになっていたけど、すっかり浄化されて心が軽くなっているのを感じました。
自分のための時間を過ごすことの大切さをしみじみと感じます。

大好きな友と過ごす時間が私は本当に好き。
心いっぱいに、柔らかな、あったかいものを受け取りました。

自分が「こう」と決めたこと、「こうしたい」という想いを大切に、感謝の気持ちを向けて丁寧に時を過ごしたいと思います。

一緒に居てくれてありがとう♡
またね!

関連記事

  1. 癒しの猫 はなまるこ

  2. 自分にとって本当に必要なこと

  3. 2013年を振り返って・・・ その2

  4. 家族旅行 山梨編

  5. 今年の抱負

  6. 伊豆への旅行

PAGE TOP