『プラーナヤーマとアドバンス・アーサナ』を終えて

8/7~16まで、300時間トレーニングのモジュール『プラーナヤーマとアドバンス・アーサナ』に参加しました。
まだ、うまく言葉に出来ない部分もあるけど、今感じていることを言葉にしたいという想いです。

10日間、本当に集中しました。
安全、安心な場をホールドし続けてくださったトシさん、そして共に学ぶ仲間がいてくれたからこそのこと。

毎朝、静けさの中、深く集中し、身体に入っていく。アーサナ、プラーナヤーマを通して探求する中で、時にコントロールしたり、委ねたり、探ったり。力強さ、荒々しさ、しなやかさ、柔らかさ、自分の中にある様々なエネルギーに触れていく。とても贅沢で、豊かで、濃く、深く、神聖な時間。

毎日サーダナを重ねていくことで感覚は研ぎ澄まされ、ゆっくりと身体は変化していく。出来ないアーサナもいくつかあったけど、トシさんの「少しずつです」の声にサポートされながら、がむしゃらに完成形を目指すのではなく、身体の様子を見つつ自分のその日のペースで練習を重ねる。

時に未知の領域にまで意識を広げながら踏み込んでいったり、留まったり、新しい感覚に出逢ったり。馴染んだ感覚にホッとしたり、新たな発見にワクワクしたり。そんなサーダナの時間は本当に豊かで楽しかった。

身体と向き合う中で「楽しい!」と思えたのはどのくらいぶりなんだろう。大変さもあったものの、純粋に「楽しかった!」と思えたことはとても嬉しい♡(セラピーの時に同期が、「楽し~!!」って興奮気味に転がりながら言ってたことを思い出す 笑。そういう感覚とても素敵♡)

10日間を終えた今、苦手な哲学について体験レベルで理解が深まったと感じることは私にとって大きな収穫です。これまでの学びや気づき、それぞれの点と点が繋がり線となって今に至る感覚。もちろん、まだまだ理解できていないところは多いけど、ちゃんと受け取りたい。

それと、もう一つの変化。それは表面的に感情が揺れ動く中で、もう少しその先の奥深くにある感覚とも繋がれているように感じること。

不安定な日々、色々なことが変化していく中で、恐れや不安、抵抗、迷い、寂しさ、悲しさなどネガティブなフィーリングは自分の中で大きく動く。でも、その揺れ動きに巻き込まれることなく、それらを落ち着いて観ている明確な感覚が自分の中に確かにあること。そしてそこに覚悟のような強さと安定感があること。

これから先色々なことが起きる中で、孤独に感じたり、迷ったり、落ち込んだりすることもあるだろうけど、仲間が居てくれることを励みに、微力ながら地元でクリパルヨガを伝え続けていきたい。

そしてまた、自分のヨガの練習、苦手な哲学から逃げないようにチャレンジしていきたいと思っています。その積み重ねこそが自分自身をエンパワーし、生徒さんをもエンパワーすることに繋がっていくと信じています。



尊敬するトシさんに出逢い、クリパルヨガと出逢い、たくさんの大切な仲間と出逢えたことは本当に本当に幸せです。心から感謝しています。
深い安心感を感じられた共に過ごした仲間にも感謝です。本当にありがとうございました。

受け取ったたくさんのギフトを大切に、ヨガや日常に生かしていきたいです。


尊敬するトシさんと

関連記事

  1. 無料オンラインクラス(5月10日まで)のご案内

  2. 4月以降の一部クラス再開のご案内

  3. 「瞑想とアドバンス・アーサナ」を終えて

  4. 10月*古民家クラス開催のご案内

  5. 関西YTTを終えて その2

  6. ターニングポイント

PAGE TOP