瀬戸*不定期クラスのご案内

ホームページをリニューアルしたことにより、今後は個人セッションやプライベートレッスンに力を入れていきたいという想いがとても明確になりました。とは言え、その為に何をすべきなのか、まだまだここは模索中であり今後時間をかけてじっくりと試行錯誤していきたいと思います。

そんな中、今月末で10年以上続けてきたヨガクラスを手放すことにしました。今は寂しさの方が大きいですが、きっとそれも必然のことであり、今のタイミングだからこそ起きたことなんだろうと思っています。クラスを担当させて頂けることは当たり前のことではなく、本当に有難いこと。10年近く共にヨガの時間を過ごしてくださった生徒さんがいてくれたことにも本当に感謝しています。

そこを離れても、私はこれからもヨガを伝え続けていきたい。その為に必要なことを整えたいと思います。そしてそこでの残りの時間を大切に過ごしたいと思っています。


さて、8月・9月・10月の瀬戸*不定期クラスのご案内です。
内容は引き続き「初めての瞑想」と「クリパルヨガ」。
私は元々瞑想は苦手でしたが、PRYTのトレーニングを受ける中でその必要性を感じ、最近では毎日ほんの少しの時間でも座る時間を持つようにしています。そして毎日の繰り返しの中で、瞑想での体験が日常においてとても活かされていることを実感します。

以前は気も短くマインドに振り回されることも多かったのですが、今は自分の心の波に対して随分俯瞰的に観ることが出来るようになってきていると思います。

瀬戸市ヴァロフオネでの瞑想の時間は30分。10分ずつ短い瞑想を2回行います。
車の音が近くに聞こえてくるので、慣れるまでには少し時間がかかるかもしれませんが、継続することで少しずつ深まっていく可能性は大いにあります。瞑想は初めてという方も是非安心してご参加ください。皆さんのご参加を心よりお待ちしています!


【日時】 8月24日(土)・9月14日(土)・10月5日(土)
◆初めての瞑想 10:00~10:30
短い瞑想を2回に分けて行います。呼吸に意識を向けて、起きていることにただ気付いていく。今、ここにいることを大切にします。
【参加費】500円(税込) ※出来るだけお釣りのないようご協力ください。

◆クリパルヨガ 10:40~12:00
呼吸と感覚を感じながら今に意識を向け、自分と向き合うことを大切にします。内面で起きていることをジャッジすることなくあるがまま大切に受け取ることで、自分への優しさを育み、理解を深めていきます。
毎日が慌ただしく過ぎ去る中、一度立ち止まり自分に寄り添う時間を過ごしてみませんか?
【参加費】2500円(税込) ※出来るだけお釣りのないようご協力ください。

※クラス後シェアリングあり(自由参加)
※シェアにご参加頂く場合は時間が延長となりますことをご了承ください。

【会場】  Valo Fuone ※詳しくはアクセスページからご確認ください。(下にスクロールしてください)
瀬戸市幡野町294
愛知環状鉄道 瀬戸口駅徒歩5分 地図
※レンタルスペースとなりますので、開始10分前まではご入室できません
大変恐縮ですがご理解の程宜しくお願い致します。
※駐車場あり (敷地内又は昭和食堂駐車場)


【持ち物】 ヨガマット・動きやすい服装・飲み物・体温調節のしやすい上着、靴下、ショールなど
※更衣室はございませんがキッチンのところでお着替え頂くことは可能です。


【申込み、問い合わせ】
お申込みは予約ページから、お問合せは問い合わせページからご連絡ください。
必須欄をご記入後、メッセージ欄に講座名【 開催日 クラス名(必須)】及び、事前に伝えておいた方がいいこと等ありましたらご記入ください。

・追ってこちらから2日以内に予約確認のメールを送らせていただきます。3日経ってもメールが届かない場合は受信拒否設定になっているか、迷惑フォルダに振り分けられている可能性がありますのでご確認のうえ、お手数ですが再度ご連絡ください。

・前日までに予約がない場合は開催をキャンセルさせていただくことがありますのでご了承ください。
スケジュールに記載致しますのでご確認ください。


【キャンセルについて】
キャンセルのご連絡は、下記メールでのみ受け付けております。
開催前日23時以降から当日のキャンセル 1,000円
※人数に限りのあるスペースですのでキャンセルされる場合には必ず事前にご連絡ください。
kripalutama@gmail.com

その他、ご不明な点がありましたら、お気軽にご連絡下さい。

関連記事

  1. 2013.10月のスケジュール

  2. 2013.6月のスケジュール

  3. 意図を持つこと

  4. 2014.11月のスケジュール

  5. プライベートレッスン 7月の予定

  6. 意識を向けること

PAGE TOP